ZERONETトップページ

EC-CUBEインストール手順


参考[スクリーンショット] クリックして拡大イメージを見れます。
EC-CUBEスクリーンショット


EC-CUBE公式サイト
http://www.ec-cube.net/

EC-CUBEはショッピングサイト構築ツールです。オープンソースライセンスであるGPL(GNU 一般公有使用許諾書)に基づいて開発されたソフトで、一般的にフリーソフトと呼ばれる部類に入ります。

データベースの作成

EC-CUBEのインストール前にMysqlデータベースユーザを作成をします。
詳しい作成手順は、データベースご利用ガイドをご参照ください。

以下のようなデータベースユーザを作成済みとして、インストールを進めます。
データベースユーザ名 user001 ※自由に設定
データベースユーザパスワード zgew1235 ※自由に設定
データベース名 user001 ※自動作成

EC-CUBE のダウンロード

http://www.ec-cube.net/から EC-CUBE をダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルは、バージョンによってファイル名が異なります。
このマニュアルでは eccube-1.3.4.tar.gz で解説します。

ダウンロードしたパッケージを解凍する

ZIP ファイルを解凍してください。
ZIP ファイルを解凍するには、解凍用ソフトをご利用ください。+Lhaca などのソフトが便利です。
解凍するとローカル側(お客さまパソコン側)に eccube-1.3.4 という名称のフォルダが作成されます。

サーバー側にec-cubeのdataフォルダを作成します。

FTPツールを起動して、サーバーに接続します。
サーバー側 / 直下に data という名称でフォルダを作成します。
アドバンスシリーズでは、お客さまはサーバー側 /直下にフォルダを作成することができません。
誠にお手数ですが、当社カスタマーサポートまで「data」フォルダの作成をご依頼ください。



ファイルのアップロード

解凍すると、dataフォルダとhtmlフォルダがあります。
dataフォルダは、公開フォルダと同じ階層にアップロードします。
htmlフォルダの中身は、公開フォルダ内直下にアップロードします。

解凍したdataフォルダ内のファイルをサーバー側/data フォルダに転送(アップロード)します。


解凍したhtmlフォルダ内のファイルをサーバー側公開フォルダ /httpdocs に転送(アップロード)します。
ファイルのFTPアップロード


ファイルのアップロードが完了しましたら、
/httpdocs/install/temp  フォルダのパーミッションを 777 に変更します。

EC-CUBEのインストール

Webブラウザを使って、http://yourdomain.co.jp/install/ ページを開いてください。
yourdomain.co.jp はあなたのドメイン名で読み替えてください。

次のようなページが表示されます。
「次へ」をクリックして、次のステップへ進みます。
ec-cube初期設定画面p1
※上記のページが表示されない。ファイルが見つからない場合、404 Not Found error が出る場合は
  ⇒アップロードしたフォルダ名を確認してください。
  ⇒ドメイン名、ファイル名など、URLが正しいか確認してください。

次のようなページが表示されます。
「次へ」をクリックして、次のステップへ進みます。
ec-cube初期設定画面p2

すべての項目にアクセス権限は正常です。
と表示されましたら、「次へ進む」をクリックしてください。












インストール完了後のあと作業

インストールが完了したら /httpdocs/install/index.php ファイルを削除します。


このあとは、ログインして、あなたのec-cubeの管理上の設定を行って下さい。




Copyrights(c) 2007 ZERONET,Inc. All rights reserved.